2012年08月19日

TPPで私達の暮らしは・・・

『食の安全』崩壊の危険性 (現代農業9月号より)

去年3月、アメリカ政府は日本政府に対して規制緩和などを求める新たな要望リスト
【日米経済調和対話】というものを送りつけてきました。
この要望リストにはあらゆる分野にわたり事細かな要求がかかれており、
これがTPP交渉の21分野と重なります。

この要望リストの中では、
食品添加物についても触れられています。
アメリカが使用する添加物で、日本で認められてないものを早く認めろと言ってきています。

日本で認可している食品添加物は約800品目、それに対しアメリカは3000品目です。

すでに政府はアメリカからの指定要求に従って46品目をリストアップし、
指定している有り様で、行政刷新会議は認証手続きの簡素化、
迅速化の為のルール整備を行うと発表しています。

日本には、食品添加物は体にとって異物であり、極力使用を制御すべきという
国会付帯決議(1973年)があるそうです。当初、政府は企業の申請で新しい添加物を一つ認可すると、
使用実態でなくなった添加物一つ削除して増やさないようにしていました。

しかし、加工食品の輸入が増大する中で、添加物の許可申請も増えていきました。
さらに、中国から輸入した岩塩に固結防止剤であるフェロシアン化ナトリウムが見つかった(2002年)
のがきっかけで、企業からの申請なしに政府自ら認可していくようになりました。
フェロシアン化ナトリウムは未承認添加物。
本来なら、輸入禁止措置をとるべきところですが、
欧米からの輸入食品にもこれが使用されているのがわかり、
輸入をストップすれば貿易問題になるとあわてて認可したのです。

その後、政府自ら輸入食品に使用される食品添加物のデータを集め
どんどん認可するようになりました。

今でさえ食品添加物の数は懸念されるレベルなのに、TPPに参加した場合、
輸出国が使用する添加物をすべて認めざるを得なくなります。
認めた添加物は、当然国内食品での使用も認められます。
その結果、大量の添加物の取り込みが、私たちの健康、
とくに子どもにとって大きな影響が出ることが心配されます。

添加物は一品目ごとに安全性評価がなされて使用基準が決められているので
食べても安全とされています。
しかし実際は、一つの食品の中にいくつもの添加物が含まれているうえ、
いくつもの食品を同時に食べます。
体内に入った複数の添加物の複合毒性、相乗毒性は調べられていません。

イギリスの実験では、添加物の保存料と合成着色料を一緒に取り込むと、
子どもの多動症を引き起こすことがわかりました。
日本でも今、多動症が増えています。


要求リスト
の中では、ポストハーベスト農薬についても触れています。
ポストハーベスト農薬とは農作物を収穫した後に使用する農薬です。
アメリカから作物を輸出するときには、米でもトウモロコシでも船底にバラ積みにします。
長い輸送距離のため、作物には当然カビが生えます。芽も出るし、虫もつきます。
このロスを防ぐために一番手軽で安いのが殺菌剤や殺虫剤などの農薬を直接かけることです。

日本国内ではポストハーベスト農薬を禁止しています。
農薬を生産中に使う場合と収穫後に使う場合とでは残留量がまったく違うからです。
生産中に散布した農薬は雨などで次第に流れ落ちます。
農薬使用については収穫△日前は使用してはいけないというルールもあります。
ところが、収穫後、雨に当たらない倉庫や船底などに入れて農薬をかければ、
ものすごい残留量になり、それが消費者の口に入ることになります。
人体に与える影響が大きいので国内での使用は法律で禁止されているのです。

しかし、ポストハーベスト農薬を使用するアメリカの農産物がどんどん輸入されるようになったとき、
厚生労働省はどのような対応をしたのでしょう?

1993年に新残留農薬基準法を施行して、
ポストハーベスト農薬の残留を許容する緩い残留基準値を設定したのです。

それだけではありません。

牛肉・オレンジの自由化のとき、アメリカから輸出されたレモンに、
日本では使用禁止のポストハーベスト農薬(殺菌剤)が見つかりました。

日本政府はこれを違法としてレモンを積み戻し処分にしたところ、アメリカは貿易障壁だ!と激怒しました。

そこで日本政府は、その殺菌剤を食品保存のための防カビ剤として食品添加物に指定し
使用を認めたのです。
食品添加物の場合は、表示義務があるので段ボール箱にはOPP、TBZ、ジフェニール、イマザリルなど
いろいろな防カビ剤の名前が書かれています。

しかし、バラ売りとなると表示義務がありません。

消費者の目にはなかなか触れません。

日本政府は国民にこのような方便を使ってきたのです。
しかし、アメリカにとってはこの食品添加物の表示すら鬱陶しいのです。
そこで今回の【日米経済調和対話】の中で、
ポストハーベスト農薬使用そのものをすべて認めるように言ってきているのです。
そうなると、国内使用も認められるようになり、
私たちが食べる食品は農薬だらけのものになる危険性が出てきます。

アメリカの残留農薬基準は日本の何十倍も緩い

日本では残留農薬基準が設定されていない農薬については
、一律0.01ppm以下でならなければならないと決めています。

ところがアメリカのとっては、この規定も鬱陶しい。

0.01ppmでは厳しいので、輸出国の基準を認めなさいといってきています。

たとえばアメリカンチェリー。
これに使用基準のある殺菌剤のキャプタンは日本の基準では5ppmですが、
アメリカの基準では100ppm。20倍緩いのです。

米に使用する殺虫剤のマラチオンの場合、日本は0.01ppm、アメリカでは8ppm。80倍です。

TPPに参加すれば、当然貿易障壁とみなされるのでこのようなアメリカ基準を認めることになるでしょう。
関税撤廃で米をはじめ安い農産物がどんどん入ってくれば、食の安全が脅かされることになります。

アメリカは有機農産物の基準を緩めさせたい。

【日米経済調和対話】では、有機農産物の基準についても触れています。
文面には

『有機農産物に使用される生産物資材の環境安全評価に、
科学に基づいた基準を適用する。
有機農産物の貿易の強化を目的に現行の残留農薬規制を修正する。
さらに両国市場において有機農産物の表示にとり組むために協力する。』


とあります。

具体的にどういう要求なのかわかりにくいです。

両国市場という点からアメリカの市場を見てみるとヒントが。

アメリカでは今、有機農産物市場が拡大してきています。
グローバリズムのコスト競争の果てに食品の品質が落ちてしまったと感じる人々が、
有機農産物を求めるようになりました。

そうした流れをみて、大手企業が設けの手段として、これに参入しようとロビー活動をしています。

このような企業が有機農産物の基準や規制を緩めようとしている、
とアメリカの有機農業者たちが警戒しています。

合成栄養補助剤投与、過密飼いの有機鶏肉、防腐剤の亜硫酸塩入りワイン、
ナノテクノロジー利用などを有機産物として認めるよう要求しているそうです。
『科学に基づいた基準』から有機農産物に使用できる農薬の拡大や遺伝子組み換えの容認も
ひそかに狙ってる可能性があります。
アメリカ議会でこのようなことが通ってしまうと、
TPPでは国際規格や輸出国基準にあわせるように強制されるため、
TTP加盟国でも同じように認めざるを得なくなってきます。

そうなれば食糧輸入国日本の食品安全は大きく後退します。
日本は消費者運動によって世界でも厳しいといわれる食品の安全基準を築きあげてきました。
それが自由貿易協定によって、特にTPPでは後退どころか崩壊させられてしまいそうです。



  続きを読む


Posted by ゆたか at 09:55Comments(3)

2012年08月11日

減塩について

興味のある記事が 『現代農業』 に載ってました。


塩分の多い食事は病気を招くからと、【減塩】がよく叫ばれてますが

・・・・・?・・・・・って思った事ないですか(--

昔からお漬物や保存食にはお塩が使われてきました。

汗をかいたら塩をなめろ!っていうくらい体にはなくてはならないものです。

では、何故病気が増えてきているのか?

チョット考えれば分かること・・・

それはほとんどの人が汗をかかない生活をしているから。

口に入れる量を減らすことばかりに関心がいっていて、
体の外に出すことに関してはあまりにも無頓着なのではないでしょうか。

体に出すといえば排泄ですが、尿からももちろん塩分はでます。
しかし、摂取するカリウムやカルシウムが少なければ、
ナトリウムを排泄できません。
ナトリウムが排泄されなければ体の水を体外に排泄できません。
すなわち、体の水の代謝(入れ替わり)が難しくなり、漢方で言う【水毒】
という病気を引き起こすのです。
(※水毒・・・めまい、たちくらみ、嘔吐、どうき、むくみなど)

ナトリウムの排泄を円滑にさせるには、汗をたくさんかくこと。
額からポタポタ落ちるくらい汗をかけば、体全体では約1リットルの量に
なるといわれています。
その汗に含まれるナトリウムの量は1グラム以上(4~5グラムとも)
言われています。これだけの量を摂取段階で減らすのは大変ですが、
汗を少し多く出せばいいだけなら簡単です。

汗をかかない生活から汗をかく生活にかえるだけで健康体になれます。

こうした事実を覆い隠して減塩ばかり叫ぶのは、
健康になってほしくないのでは・・・?



体が欲しているものは摂取すると美味しく感じます。
去年のこの時期、汗ダクダクで仕事してて休憩したときに食べた
食塩の美味しいこと美味しいこと(^^)

しかしウマイとおもって塩をなめ続けていると、途中から段々しょっぱく
感じ始め・・・辛く感じました。
そのとき動物の体ってうまくできてるって感心したものです。

何でも摂取のしすぎはよくありません。
健康のために減塩ではなく食生活はライフスタイルによって変えるべき。
逆にいえば、ライフスタイルが望ましいものになれば減塩は不要なはず。

汗かいて仕事しているものにとって、減塩は不要なものだと思います(^。^)  


Posted by ゆたか at 20:04Comments(0)

2012年08月07日

オレンジ煮(○´∀`○)





こんばんは(*´∀`)
今日は午前中『気軽にフレンチ』料理教室、
昼から生産者トークバトル『つば飛ばしぐっちょ!』とバタバタな1日となりました。

いい疲れです。

午前中のフランス料理教室の料理

【若鶏のオレンジ煮】

かの有名な喜八シェフのお弟子さんである滝沢先生による、自宅で気ままに楽しめるフレンチ。
久留米でデリバリー型の料理教室をされてる素敵な先生です。

材料は手に入りやすいもので。

初めて参加した料理教室でしたが、料理のコツが色々学べて楽しめました。

ジャガイモ一つとっても調理のコツで味が段違い。勉強になります(^^;)

ウチの野菜もモチロン登場♪

料理教室では久々に元同僚や懐かしいFB友達にも会えて今日はほんとよい1日でした。

料理も最高にウマい♪
オレンジ煮にはオレンジの皮もすりおろして使っています。風味が素晴らしいですね(*´▽`*)

コレはご飯2〜3杯いけそう( ´艸`)

今度は自宅で作ってみよう。



つば飛ばしぐっちょ!は周りの年配の生産者に負けないトークができず、ちょっと無念。
まだまだ想いを伝えるのが未熟だと痛感。
これから精進していかなきゃ(o゜▽゜)o

写真は販売した生産者の生産物たち。

しかし、とりあえずホッと一息


次は14日のスポガさんのイベント。

アグリパストプロジェクトでベジチーズ串販売しますよ(*´∀`)
  


Posted by ゆたか at 22:14Comments(0)

2012年08月02日

【あと2日!!】

モンサントの遺伝子組み換え植物

農林水産省がパブリットコメントを8/4まで募集しています!




モンサントはベトナム戦争時に『枯葉剤』を提供し、40万人を殺し、
50万人の奇形児・障害者を生むなど200万人に影響を及ぼした企業です。
(当時有名なのはベトちゃんドクちゃんなど)

モンサントが申請していた日本国内での遺伝子組み換え農作物の隔離圃場での栽培や
、一般使用に関する承認申請について農林水産省が【承認】しました。
正式に許可が決まれば、日本国内で遺伝子組み換え農産物の生産が始まってしまいます。

遺伝子組み換え食品の安全性は確認されていません。
またモンサントの種子はラウンドアップ(モンサントの有名な除草剤)に耐性を持ちますが、
種子をとることは禁止され毎年種子を購入しないといけなくなrちます。
そればかりか自然に受粉した農作物に対しても遺伝子チェックで知的所有権を主張され
訴訟を起こされます。

TPPがすすめば間違いなくモンサントに有利な市場が出来上がっていくでしょう。
もろもろの表示規制をなくせとたびたびいってきているんですから。
そして、TPPを推進している米倉経済団連会長は住友化学の代表取締役会長
としてモンサントと長期協力関係を結んでいます。


遺伝子組み換えモンサントの「殺人」世界戦略と食料支配計画

モンサントは従業員にはGM(遺伝子組み換え)食品を食べさせないl

農水省のHPでパブリックコメントを募集しています。
意見を出してモンサントの侵略から日本を守りましょう!!  


Posted by ゆたか at 11:50Comments(0)

2012年08月01日

直売イベント告知です(^^

昨日、うちにEKOさんがお見舞いに蚤の市のパンフレット持って来て
くれました(^▽^)♪



カシワのおにぎり付き~、さっそくお昼にいただきました。

EKOさんありがとうございます(* ̄∇ ̄*)

次回の蚤の市参戦は9月8日!
いつもの護国神社鳥居前に新鮮堂のお店がならびますよ。
今回は以前よりもJA青年部のなかでの交流もすすんできたので、
フルーツの町、田主丸、うきはから旬のフルーツ持ってけるように
交渉してみます(^。^

ちょうどその頃には右足も完治して万全の体制になっているはず。
久々に本領発揮できるぞ~o(▽ ̄*)oワクワクo(* ̄▽)o♪


ここからは間近の8月のイベント
久留米で開催のトークイベント

『つば飛ばしぐっちょ!』
筑後の生産者が農業・農産物について熱く語りあうトークバトル!

九州北部豪雨の被害を乗り越えての開催だけに
より熱い思いがきけるかも

当日限りの新鮮野菜の試食販売もあり!

西洋で評価を受けてる矢部村のお茶農家さんや、
砂地栽培で味覚のいいトマトを栽培するトマト農家さん。
久留米の葉物野菜のスペシャリストにくわくえ

変わった野菜を栽培するゆたか園のわたくしが参戦いたします(;^◇^;)ゝ

うちからは食用ホオズキを筆頭に収穫できた野菜を持っていく予定です。

また、妹にお願いしなきゃ(;´Д`A ```

会場/久留米市通東町4-13都加原ビル1F東
   ちくご元気計画ショールーム
時間/13:30~15:00  定員30名 参加費1,000円

お申し込み・お問い合わせ
NPO法人スローフード協会筑後平野 TEL・FAX/0942-31-5055


ちなみに、同日の午前中に久留米で開催の
『気ままにフレンチ料理』
の料理教室に参加中。
先月からウチのお野菜を凄腕料理人の先生に
使っていただいております(^。^
怪我で前回の料理教室参加できなかったけど、今回は!

こっちでも料理教室でつかううちの野菜を販売予定。

まさか日程がかぶるとはね・・・野菜足りるやか(; ̄ー ̄A アセ



そして新たに昨日【アグリパストプロジェクト~SLOWFOOD※PLUS~】での
参加イベントが決定!

場所は久留米のスポガさんにてお盆の期間中に出店いたします(^。^)

期日は現在調整中。出店商品も調整中です。分かり次第お知らせします。






  


Posted by ゆたか at 14:06Comments(2)

2012年08月01日

朝の散歩道

8月1日。月の始まりです。
今日の散歩道は田主丸のゆたか園第2農場です。耳納連山がキレイに見えます。
やっぱり、自分の畑から見る景色が一番しっくりきますね(*´∀`)
退院後初めて第2農場に足を踏み入れました。



一番まともなものを写真に収めました。パッションフルーツ☆ちょこっとだけ実がついてます(^-^





う~ん、いろんな野菜、フルーツが草に埋まっちゃったなぁ・・・

早く草刈りしたい!

けど、畑はまだまだデンジャラスゾーン。

危うく窪みに足をとられそうになりそうに、、、

あの角度で足とられてたらヤバかった。

慣れてきた頃が油断大敵、気を引き締めていきます(・_・;)

昨日に引き続き今日は種まきを倉庫の中で行います、
夏野菜は自然に任せていろんな秋冬野菜の種をまくぞ~(*´∀`)
  


Posted by ゆたか at 14:05Comments(0)